良いダイエットとダメなダイエット

ダメなダイエットの典型的な例として、まずは健康食品やダイエット用品に頼る事。特に怪しいサプリメントやナイシトールなど、テレビをいれば必ず、「おっ!!」と思うようなコマーシャルがあります。

グラマラスパッツの本音

全く効果がないとは言いません。ですが、あのCMで成功例として出てくる皆さんは、必ずその食品以外に何かしらの努力をしての結果であることを認識していないと、まんまと騙される事になりますのでご注意ください。

良いダイエットに向けて必要な事。

まず、自分のベスト体重からオーバーしているのが何キロなのかを確認する。

合わせて、今現在の自分の運動量やカロリー消費量もある程度確認しておきましょう。

どういう事なのかというと、簡単に言えば元々痩せている人がさらに痩せる方法は難しいですが、元々体重が多い方で全く運動をしていないのならば、ある程度の減量はさほど難しくないのです。

全く動いていないのならば、せめて1日10分だけでも運動を取り入れる。

これだけで数キロの減量は達成できますし、おやつをだべる習慣がある方ならば、間食をやめるだけである程度の減量を期待できるのです。

問題はそこから先ですよね。ですが、そこから先を最初に目標にしてしまうと必ず挫折します。ですので、まずは普段の意識で期待できる効果を体感してから次のステップへ進むのが良いでしょう。