30歳。初めて劣化を感じたのは肌でした。

生まれてから肌荒れとは無縁だった人生。「お肌キレイ!」と褒められる事も多く、たまに出来るちょこんとニキビなんかは自分から潰してさっさと治すぐらい全くお肌に優しくしてこなかった。

ロザリティウォータリーマスクは販売店で購入可能?市販状況や私の口コミなどをご紹介!

そんな私が30歳を過ぎた頃、地獄の肌荒れに突如として襲われたのだ。最初は頬に出来た赤いしこりニキビ。いつも通り潰してさっさと治してしまおうと思い、指で押し潰した。問題はここから。まずまったく潰したニキビ跡が回復しない。

いつもなら3日ぐらい経てば赤見もひいてかさぶたになるのに今回は違う。痛いし目立つし全然治らない。そして極めつけには潰したニキビのまたすぐ近くに赤ニキビが。。。ここからもぐら叩きのように潰しては増えるという地獄の日々が始まった。肌荒れを食い止めたい一心でやれる事は片っ端から何でもやった。

今までスキンケアらしい事を一切してこなかった知識不足の私にはニキビが出来る原因が<肌が汚れてるから>という発想しかなく、スクラブやピーリング・はたまた腸の洗浄など、荒れた肌に追い打ちをかける様な過剰なケアを実行。

勿論悪化した。もう両頬赤いしこりニキビだらけ。更には顎や首にも出来た。心も荒むし本当に最悪だった。1年ぐらいそんな感じの過剰ケアと肌荒れをグルグルして気付いたのは今までスキンケアと向き合ってこなかった事に対する後悔だった。肌荒れして初めて沢山の人の経験談を読み、努力してる事を知った。

表面的な事だけでは身体のバランスを取り続けることは出来ないと知り、初めてもう若くはないんだと自分の老化にも気づいた。沢山の気づきはあったけれど、もし20代の頃にニキビと向き合えていたならこんな事にはならなかったなと本当に悔やみ苦しんだ私の肌荒れ期。でもその時間があったから今がある。

肌荒れは落ち着いて、自分の体の変化も隅々まで見るように気づく様にもなった。嫌だなーとも思いながら皺増えたかもと笑えるくらいに気持ちも明るくなった。ヨガに行ったり水を飲んだり、人並みに健康管理も頑張り始めた。女性に生まれたからにはいつまでもキレイでいたいけれど、劣化するからこそ自分の体大事にしなきゃいけないんだと改めて気づけた人生のターニングポイント。苦しんだ分だけ30代後半は楽しめそうな予感がする今日この頃です。