「口臭」カテゴリーアーカイブ

口臭の原因はしているつもりになっている歯磨き?

口臭がキツイかもと気になりだしたのは社会人になってからです。

高卒でそのまま就職した先は調理関係で、病院食を作るという衛生的に厳しい厨房だったので常に帽子、マスクの着用をしていました。

そのマスクの中が蒸れてその時初めて臭いかもと思ったんです。

よく口臭を簡単に調べる方法として、ティッシュに唾液をつけて少し放置した時の臭いが口臭というのがありまして、結構何回もやって確認していました。(笑)

アリートの効果を徹底検証!

○口臭対策

歯磨きは勿論毎日していましたが、それでもダメでスプレー式の口の中に口臭を消す液を散布する商品を買ってみたり、うがいをよくしてみたり、歯磨き後に口の中を無菌にする洗浄液でうがいしたりなど…。

今思うとそれは一時的には効いていたかもしれませんが根本的な解決にはなっていません。

口臭の原因は人によって違いますが私の原因は分からずでした。

昔から胃が弱く、逆流性食道炎と診断された事もあり、胃から何か腐った臭いが上がってきているのかと疑ったこともありました。

○口臭の原因

口臭に悩まされ7年が経った今、なんとなくですが原因が分かりました。

それは最近歯医者に行き始めたことで分かりました。

虫歯が多くついに歯が痛いと感じたので行ったんですが、お医者さんからは汚れが溜まって歯茎が炎症を起こしているから、虫歯は確かにあるけどそんなに進行してない、痛いのは歯茎のせいだと言われました。

レントゲンを見て分かったのですが、私の奥歯の歯並びはガタガタで、親知らずも横に生えてて1番奥に汚れが溜まりやすい溝がありました。

そこから歯垢というのか、食べカスというのか分かりませんが、白いカスが出てきて正直臭かったです。

歯医者では汚れの除去と消毒をしてもらいました。

○口臭の対策

今までしていた歯磨きではその溝の汚れは落ちていなかったみたいです。

原因が分かってからはその溝の汚れを掻き出す気持ちで、歯ブラシに角度をつけたり口の開け具合を変えてみたり試行錯誤しながら、親知らずを意識しながら磨いています。

歯磨きはしているけど、そういう溝には届いていなくて長年カスが溜まり臭いを発している、という人もいるかもしれません。

そんな人に少しでも参考になれば幸いです。

口臭ケア、何か一番いいの?個人的な見解!

私は以前より口臭に悩まされていました。友達や、家族と会話をした際、顔を背けられたり、「臭うね」と言われたことがあります。また、歯の矯正をしていることから口臭もプラスされています。そんな私がどのように口臭ケアを行っているかお話ししたいと思います。

ブレスマイルウォッシュの効果を暴露!話題のマウスケアを使った私の口コミ!

私が今まで試してきたことは、・1日数回歯磨きをする、・マスクを二重に着ける、・マウスウォッシュを使う、です。

結果どうであったかお話しします。

・1日数回歯磨きをする→効果なし!歯はきれいになるが臭いは取れませんでした。むしろ悪化...。友達からもっと臭いといわれてしまいました。そして、何より忙しい方であるとそんなに歯磨きに時間はかけられないです。私も職業柄忙しいため、1週間で挫折しました。

・マスクを二重に着ける→コロナ対策にもなるし、いいなと思いました。結果効果なし。単にコロナ対策にしかなりませんでした。さらに臭いがマスク内にこもってしまい、自分自身「くさ!」と思ってしまいました。さらに夏場は暑い!!!熱中症になってしまいます...。1か月で挫折しました。

・マウスウォッシュを使う→現在試しているものです。しかし、試しているものは市販のものではなく、ネット通販のみ販売されているものになります。(某動画サイトでよく流れていそうなもの)使ってみて2日のみでしたが、口の中がすっきします。友達からもくさいと唯一いわれなかったです。以前市販のものを使用した際はくさいといわれていましたが、、、。ものによっては効果があると実感しました。今後もマウスウォッシュで試していこうと思います。

以上、私の口臭ケアでした。もし、こんな方法もあるよという方はぜひ教えて下さい。

口の中の臭いは歯磨きが一番

口の中の匂いというのをしっかりと改善させるためには歯磨きをするということがやはり一番です。その歯磨きというのはしっかりとした歯ブラシによって実現するということになります。良い歯ブラシを使うということが結構重要になってくるわけですからまずはそういう歯ブラシをしっかりと探すようにした方が良いでしょう。

徹底検証!ブレスマイルウォッシュの効果と口コミを辛口評価でお届け!最安値で購入可能な通販サイトは?

そもそも歯並びとか歯の大きさもそうですし隙間に関することなども含めて人というのはみんな歯が違うわけです。形が違うということになりますのでそれに合わせてしっかりとした歯ブラシを使うということが重要になると言えるでしょう。

歯ブラシの中には舌の歯ブラシなんていうものもありますからそういうものも積極的に活用して少しでも頭の中の清潔さというのを維持したり、強くしたり、ということにしましょう。口の中の匂いというのはやり方次第ではそれなりに簡単に短期間に改善できるということもありますので、決して諦めないことです。大事なことは口の中の臭いを溜め込まないということであり、そういうことを排除できるのが歯磨きということになります。そして、歯磨き粉もそうですし、歯ブラシもそうでいすし、そもそも歯磨きの仕方とかも含めて考えられることはたくさんあります。

口臭の原因と解決方法

マスク着用が当たり前になって、マスク内の自分の口臭が気になるようになった人が多いと思います。
口臭の原因は様々ですが、口腔内に問題があることがほとんどのようです。

http://watamamasmile.com/

口腔内に虫歯や歯肉炎、歯槽膿漏などがある場合は、歯医者さんで治療を受けることが先決ですね。それ以外では、まず歯磨きを正しく行う、歯間ブラシやフロスなどを使用し雑菌のエサとなる歯垢をきちんと取り除くことが大切だと思います。菌が歯垢をエサに繁殖することで嫌な臭いも発生してしまいます。

それ以外に、口腔内の環境が悪化する原因として、唾液の減少が挙げられます。唾液が減少することで、菌が繁殖しやすい口内環境になってしまいます。また、唾液が少ないと食事にも影響が及んでしまうので、口腔体操やマッサージを行い唾液量を増やすことがとても大切です。

自身の努力や習慣の見直しも大事ですが、口腔環境を整えるのを助けてくれるものとして、うがい液やタブレットなどの商品もあります。うがい薬はコマーシャルでよく見るものがすぐに思い浮かぶと思いますが、風邪の時などに使用するうがい薬を利用してもいいでしょう。

うがい薬にはいくつか種類があり、殺菌成分のみ、殺菌成分と抗炎症成分配合の物などがあり、殺菌成分にも種類がありますがヨウ素系の物は銀歯が変色するなど種類によって副作用や禁忌があるので確認して使用することをおすすめします。また、睡眠中の口腔環境改善用のタブレットも市販で販売されていますので、ドラッグストアで探してみてください。

その口臭、口呼吸が原因かも…?治し方も紹介します!

突然ですが、あなたはいま鼻で呼吸していますか?それとも口でしょうか?口で呼吸してしまっている方、要注意です。何気ない口での呼吸、実は口臭の原因になることもあるんです。

実は、そもそも口というのは呼吸器官ではありません。人間以外の動物は一切口で呼吸をしないのです。では口は何のためにあるのでしょうか?何を隠そう、消化のためです。口に取り入れた食物を、歯で小さく砕いて、唾液と混ぜて分解し、胃や腸で分解しやすくしてくれるんですね。ところが、頻繁に口呼吸をしていると、口の中が乾燥してしまいます。そうすると、食物を分解しにくくなったり、虫歯の原因になったり、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

ブレスマイルウォッシュの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

雑菌が繁殖すると、粘膜や食べかすなどに含まれるタンパク質が分解、発酵してしまい、その結果イヤーな臭いのするガスが出てしまうのです。口呼吸にはたくさんのデメリットがあることがわかりますね。
では、口呼吸による口臭や歯周病を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。そう、口ではなく鼻で呼吸すればいいのです。簡単なことのようですが、いま口呼吸をしてしまっている方は何らかの対策が必要です。

起きている間の口呼吸に関しては、常に口を閉じて、舌が口蓋の上につくように意識するのがおすすめ。正しい舌の位置が守られていれば、自然と鼻呼吸が出来るようになります。また、鼻づまりから口呼吸になってしまっている場合は、ホットタオルなどで鼻を温めてあげるのもいいでしょう。楽に呼吸ができるようになります。
他にも、口呼吸を防止するうえで厄介なのが、睡眠中。朝起きた時に喉が痛い、口がカラカラに乾いている方は口呼吸になってしまっている可能性があります。対策としては、サージカルテープなど、肌に優しいテープを唇に貼ってあげること、物理的に口が開かないようにすることで鼻での呼吸を促すことができます。

また、枕にも口呼吸の原因が潜んでいるかも。高さの合わない枕を使っていると、首の角度が不自然になって、口が開いてきてしまうこともありますから、一度見直してみるのも良いかもしれません。
上記の対策を一通り行っても改善が見られない場合は、一度歯科や耳鼻咽喉科などの病院に行ってみることをおすすめします。
何気ない口呼吸のリスクとその対策についてご紹介しました。ぜひ鼻呼吸を習慣づけて、口臭や健康の不安を解消しましょう。