「ペット」カテゴリーアーカイブ

甲斐犬コロは私の家族

私の愛犬コロは甲斐犬です。10歳という若さで天国に旅立ってしまった、コロですが生きているときは本当に元気いっぱいの可愛い家族でした。http://www.fostermak.com/

友人の家で生まれたコロは生後三か月頃に我が家にやってきました。はじめは屋内で飼おうと決めていましたが、フローリングが苦手で外にいるほうが落ち着いて過ごせるため急いで犬小屋を父親が用意しました。

私の実家は田舎で田んぼや畑、川が近くにあり、散歩ではいつも誰もいない河川敷をコロと私でふたり占めして散歩を楽しみました。

夏は友人の家にいるコロのお母さん犬と川にいって水遊びをしました。コロは寒い冬の季節が大好きでした。大雪の日の散歩は黒い犬のコロが真っ白になるほど新雪に潜って遊んでいました。潜って遊ぶとき引っ張られて私も雪にダイブすることもありましたがとても楽しかったです。

私が進学・就職することになり、高校卒業後県外へ行くことになりました。帰るたびにコロはいつもジャンプをして散歩に誘ってくれて元気な姿に笑顔になりました。

最期の時、私は仕事をしていて帰れませんでした。両親が看取ってくれてコロは旅立ちました。両親や私の兄弟にいつも元気を与えてくれたコロに感謝しかありません。コロは私たち家族にとって大事な大事な家族です。

愛犬の忘れられない思い出

私は3年ほど前まで犬を飼っていました。犬種は雑種で雌犬名前がラン。性格はすごく穏やかで特に人間に対してはほとんど怒らない子でした。近所の人からも人気があって犬が苦手な人でもうちの犬なら平気という人も居たくらいでした。http://www.rs-ebisu.com/

だけど、そんなうちのランにもどうしても受け入れられないものとか苦手なものはあってこれは私が中学2年生のときの話なんですが、夏のある日にランと一緒に留守番をしていたら家の呼び鈴が鳴ったので「はーい」と返事をして出てみると怪しげな女性二人がパンフレットを持って立っていたんです。そう、その二人は宗教の勧誘の人でした。本当は面倒だったしさっさと帰って欲しかったんですが断ることが出来なくてパンフレットを受け取ったときに後ろから「ヴー」と聞いたことのない声が聞こえたんです。

(えっ?)と思って振り返ったら、ランが牙をむき出しにして毛を逆立ててブチぎれてたんです。いつも穏やかで人間に対しては優しくて滅多に怒らないうちの犬が珍しく怒っているのを見たときは衝撃でした。一方その女性二人はというと見知らぬ犬に威嚇されているにも関わらず恐れるどころか「あらー可愛いお名前はなんていうの?」と呑気に聞いてきたので私は驚いたのと同時に呆れてしまいました。